メラニン活性化を抑制して行う脇の黒ずみをとる方法

女性

スキンケアで乾燥肌対策

肌の手入れ

ヒアルロン酸とコラーゲン

化粧水は肌に水分を与えるために必要なアイテムです。また、化粧水には次に使う美容液に含まれている美容エキスを角質層に浸透しやすくする働きもあります。保湿効果が高い化粧水に含まれている成分に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。ヒアルロン酸やコラーゲンは人間の肌にもともとある潤いを保つ物質です。両方とも加齢で減少していくため、それが原因で肌が乾燥して老化が加速します。ヒアルロン酸とコラーゲンは高分子な成分です。真皮層までは浸透しないので、化粧水で加齢で減少した分を補うことは不可能です。しかし皮膚表面で乾燥を防ぐ効果はあります。ヒアルロン酸などは高い保湿力があるので、化粧水だけでもしっかり保湿することが出来ます。

セラミドが少なくなる原因

肌の水分量が低下すると乾燥肌トラブルを招きます。乾燥肌は肌が持つ保湿物質が極端に少なくなることから起こります。細胞間脂質のセラミドは、角質層の80%の水分を守っています。セラミドは加齢、クレンジング、W洗顔などが原因で少なくなります。特にクレンジングやW洗顔には注意が必要です。強力な洗浄効果があるクレンジング剤には、メイクだけではなくセラミドも落とす効果があります。毎日クレンジングやW洗顔を繰り返していると、セラミドの量も減っていき乾燥肌の原因になります。さらに強く擦ったり熱めのお湯で洗ったりするのも、セラミドの流失を促進させます。クレンジングはクリームやミルクタイプの洗浄力が弱いものを使い、W洗顔では固形石鹸を使うのがお勧めです。